読書

「少しだけ、無理をして生きる」 (著者 城山三郎)を読ませて頂きました。

「少しだけ、無理をして生きる」 (著者 城山三郎先生)を読ませて頂きました。

浜口雄幸さん、渋沢栄一さん、広田弘毅さんらリーダーの生き方、責任を一身に背負って生きるさま、死ぬさま、大変勉強になります。

これまで、私は、広田弘毅さんという人を本当には知りませんでした。

また、浜口雄幸首相のことは、以前、城山先生の「男子の本懐」で読ませて頂きました。
「少しだけ、無理をして生きる」の中でも、最後に書いて頂いております。

 

浜口雄幸首相は、銃撃され瀕死の重症(重傷)、絶対安静となります。
最期に浜口は、言います。
「・・・最後の頼みがある。自分は国会に出る。会期中に国会に出るという総理の約束は、国民に対する約束である。出ると言って出ないのでは、国民をあざむく。国民に対する約束を総理たる者が破ったら、国民は一体何を信用して生きていけばいいのか。だから、自分は言い訳などしないで、死んでもいいから国会に出て、国民に対する約束を果たす。・・・」

医師に命の保障はできないと言われても浜口は、「責任を全うしたい・・・」と言って国会に行きます。浜口は、「・・・病み衰えて、靴を履くと、もう歩けない。・・・靴が重くて、倒れてしまう・・・」靴なしで国会へ行くわけにいかず、奥さんと娘さんが「布を靴の形に切って墨を塗って、足につけ・・・」浜口は登壇します。

「黒い布を足に巻きつけて国会に立ち、およそ日本の国会史上ない悲壮さで、総理として国民に対する約束を守り通し・・・」浜口雄幸首相は亡くなります。

最後に、城山先生はおっしゃっています。
「浜口さんをはじめ強く生きたリーダーの姿、大きく生きた人間の魅力は、やはり人を惹きつけてやまないものがあります。あとは、そこから私たちが何を受け止められるか、ではないでしょうか。・・・」

本当にそう思います。
こういう気持ちを持っていたいと思います。

本当にありがとうございます。

薦田和典

 

KOMODA

投稿者の記事一覧

KOMODA株式会社 代表取締役 
行政書士 KOMODA経営支援事務所 代表行政書士 
薦田和典

>>KOMODA株式会社

>>行政書士 KOMODA経営支援事務所

>>薦田和典 略歴
(簡単な略歴を掲載させて頂いております。)

関連記事

  1. 本 読書
  2. rongo 「悩んだとき読む『論語』」 (著者 谷﨑利男)を読ませて頂きまし…
  3. 論語など 師友に感謝
  4. 司馬遼太郎記念館 司馬遼太郎記念館に行かせて頂きました。
  5. lake 「西郷隆盛人間学」 (著者 神渡良平)を読ませて頂きました。
  6. sun 「男子の本懐」 (著者 城山三郎)を読ませて頂きました。
  7. ことば 読書について
  8. 論語 「論語」(孔子)を学ぶことの大切さ

記事カテゴリー

投稿履歴

最近の投稿記事

薦田和典 Komoda

komoda
komoda

ご案内

本 読書

本から得られるものは少なくないと思います。主に移動時間を利用して本を読ませて頂いております。…

office ご案内 | 薦田和典 Official Website

薦田和典 ( こもだ かずのり ) と申します。平素は、格別の御高配を賜り、厚く御礼申し上げます…

office お問い合わせ

お問い合わせは、下記まで頂ければ幸いです。 お電話でのお問い合わせ事務所本店 …

Komoda-Office 事務所

事務所のご案内です。今後とも、何卒、宜しくお願い申し上げます。 代表者   薦田和典 …

office 基本政策

基本政策1 (事務所業務) 日々、学び、研鑽を積み、徳を磨き、総合的にお客様にご満足頂く仕…

男 略歴 | 薦田和典( Komoda )

いつも、大変お世話になりまして、ありがとうございます。心より感謝申し上げます。薦田和典 …

office 関連リンク

関連サイトのご案内>>行政書士 KOMODA経営支援事務所  (事務所メインサイト)>>…

office 基本理念

「心ある人が、ちゃんと生きられる世の中をつくる」「則天去私」薦田和典(Kazunori …

PAGE TOP